充実した設備の当院だからこそできるインプラント治療
当院のインプラントとは当院のインプラントとは

インプラントオペ(手術)専用無菌ルーム完備で安心

イメージ画像

一般診療区画と完全に隔離し、無菌状態でオペを行います。
一般の診療台にてインプラントオペを行っている医院も見受けられますが、診察台が並んでいる院内では、他の患者さまの口の雑菌が飛散している可能性が非常に高くなります。
雑菌が飛散している環境でインプラント手術をしないために、インプラント専用のオペルームは必須であると思っています。
当センターでは患者さまのリスクを最大限に軽減することに努めておりますので、安心してインプラント治療を受けていただけます。

歯科用CT完備で術前から術後まで、しっかり管理

イメージ画像

従来のパノラマ撮影では平面での情報しか得られませんでしたが、歯科用CTでは立体での精密な情報がわかります。
そのため、インプラント治療には必要不可欠です。
インプラント治療では顎の骨に穴を開ける外科手術を行なうため、顎の骨の状態や神経・血管の走行位置、骨密度などを知ることはとても大切です。

しかしこれらは歯茎の奥にあり、手術前に直接目で見ることはできません。
歯科用CTを使用してインプラント埋入手術前にこれらを精密に診断することで、事前にインプラントを埋め込む位置を決めることができ、無切開、無はく離での手術が可能になります。

また、手術時間の短縮や術後の痛み・腫れの軽減につながり、安全で確実な治療を行なうことができます。
つまり、患者さまの体への負担を最小限にするためにも、必要不可欠な工程といえます。
なお、歯科用CTでの撮影は治療前だけではなく治療後にも行い、埋め込まれたインプラントの状態や顎の骨の状態を確認します。

イメージ画像

インプラント手術の前にはシミュレーションを行います。
CTデータ上で大丈夫と判断したが、手術中に骨の形態や骨の質が予想とは微妙に異なっていた場合には、埋入位置や術式の変更をしなければなりません。これを防ぐために当院ではシンプラントという3次元シミュレーションソフトを用いて事前の手術シミュレーションを導入しています。
シンプラントとはCT撮影のデータを再構築し、多方面から各種測定やインプラント埋入シミュレーションができるソフトです。

まず、顎の骨の形態と骨の質を3次元で解析します。
かみ合わせや歯並び、顎の骨の断面画像を見ながら、精密で確実な情報を歯科医師が把握します。
3次元画像では、あらゆる角度から骨や神経、インプラントの状況を立体的に把握します。
実際の手術を再現し、審美面と機能面の両方向からの回復を入念にシミュレーションしていきます。
これらの機能により、綿密な治療計画が立案でき、患者さまにとっては、自分の状態を理解した上でインプラントに臨めます。

インプラント手術前にこのシンプラントでの治療計画立案や手術シミュレーションを取り入れるため、確実な治療が可能です。

インプラント治療の変化

イメージ画像

まだまだインプラント治療自体が最新治療であるという認識が強い日本。しかし、インプラントの歴史は古く約50年前から人体臨床がはじまり、1980年ごろには世界的に評価が広まっています。

ただし、インプラント治療は歯科医師の誰もができるものでもなく、豊富な知識と技術力が必要とされるものです。だからこそ安易にインプラント治療は受けずに、信頼できる歯科医師の下、整った設備のある歯科医院でインプラント治療を受けていただきたいと思います。

当院ではインプラント治療専用のオペ室とCTを完備して、常に最良の治療をご提供できる環境を整えています。また、メスを使用しない手術や即日装着できるインプラント、骨量が少ない方へ対しての治療なども対応し、より多くの方に快適な生活を送っていただけるようにしています。インプラント治療はできない…と自分で判断するのではなく、まずは一度ご相談ください。治療方法、治療期間、費用面についても丁寧にお話しさせていただき、患者さまにとって最良の医療をご提供いたします。

お問い合わせ・ご相談・ご予約はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約はこちら

アクセス

〒340-0203 埼玉県久喜市桜田3-1-3 東鷲宮駅前ビル2F
TEL 0480-57-1718

病院への行き方 Google Map
月々6500円から
のざわ歯科クリニックライン公式アカウント
ページトップボタン