初めてインプラント治療をされる方へ
初めてインプラントされる方へ初めてインプラント治療をされる方へ

インプラント治療とは?

イメージ画像

インプラント治療は、失ってしまった歯の部分に人工歯根を埋入して人工歯を固定する治療です。天然歯のような機能をつくるため、入れ歯・ブリッジと違って日常生活で違和感を覚えることが少なくなります。見た目も天然歯同様、またはそれ以上も期待できます。
おいしく食事を摂る幸せや大きく口を開けて笑う楽しさを取り戻すことができます。

入れ歯やブリッジとの違い

イメージ画像

私たちの歯は歯肉の上にでている歯冠と、歯肉の中にある歯根から成り立っています。入れ歯やブリッジは、失われてしまった歯のうち、歯冠の部分だけを補うものです。残った歯に固定して、歯の機能を補っているため、長期間使い続けると固定している歯にもダメージが蓄積します。一方、インプラントは歯冠と歯根の機能をどちらも補うことができるため、治療後は周りの歯に負担をかけずに元の歯と同じようにかむことができます。

インプラントのメリットとデメリット

メリット
  • 天然歯のような噛み心地を手に入れられる
  • 口を大きく開けても金属が見えない
  • 一度手術すると半永久的に使い続けられる
  • 取り外してケアする必要がない
  • 隣の歯や咬合する歯に負担が少ない
デメリット
  • 治療費が比較的高額である
  • 外科手術が必要になる
  • 治療期間が比較的長期になる

インプラント治療は一部の症例を除き、ほとんどが自費診療となるため治療費が高額になります。また、外科治療が必要なため、治療期間が入れ歯・ブリッジの作製と比べると長期になります。ただし、入れ歯・ブリッジは一度作製したら一生使い続けられるものではなく、メンテナンスや作り直しが都度必要不可欠です。それを考えるとコスト面ではインプラント治療よりも高額になるにも関わらず機能性や幸福感は得られないままとなるため、トータルで考えるとインプラント治療をおすすめする理由がお分かりいただけると思います。

インプラントの治療期間はどのくらい?

イメージ画像

人工歯根(インプラント)を埋め込んでから被せ物をするまでの治療期間は下顎で1~2ヶ月、上顎で1~3ヶ月です。
世界的に認知されているインプラント治療の基本ステップを行うと、1~3ヶ月程度の治療期間が必要となります。
期間は少し必要ですが、手術の成功率やその後長く付き合っていくためにはインプラント治療にはどうしても大切な時間となります。
しかし、治療方法によっては治療期間を更に短くする事も、のざわ歯科クリニックでは可能です。

歯を失ってしまうとどうなるのか?

イメージ画像

歯を失ってしまうと食べ物が噛めなくなる=栄養を摂取できなくなるだけではなく、顔の輪郭が変わる、シワやたるみが増える、心から笑えない、姿勢が悪くなるなど身体の様々な部分で影響がでます。歯が根元からなくなると、抜けた歯の周りの骨が徐々にやせ細り、周りの歯が移動して歯並びも悪化。正常に噛むことができなくなると、脳への刺激も減少するため認知症などのリスクも高まります。1本でも抜け落ちていい歯はないのです。

このようなお悩みはありませんか?
  • 入れ歯・ブリッジが合わない、痛い
  • 入れ歯が恥ずかしくて外出・旅行を避けてしまう
  • 硬い食べ物が食べられない
  • 食事が楽しくない
  • 入れ歯が落ちそうで思いっきり笑えない
  • 口臭が気になって喋れない
  • 入れ歯にしたら身体に不調を感じる
  • 肩こりが昔よりもひどくなった
  • 入れ歯のケアが面倒だ
イメージ画像

当院では、みなさまに気軽にインプラント治療への一歩を踏み出していただけるように、無料で受けられる初診相談を行っております。まだ受けるかどうか決まっていない、とりあえず話だけ聞きたい…という方でもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談・ご予約はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約はこちら

アクセス

〒340-0203 埼玉県久喜市桜田3-1-3 東鷲宮駅前ビル2F
TEL 0480-57-1718

病院への行き方 Google Map
月々6500円から
のざわ歯科クリニックライン公式アカウント
ページトップボタン